So-net無料ブログ作成
-| 2017年07月 |2017年08月 ブログトップ
前の10件 | -

おいしくスタイルアップを目指す [良いもの情報]







プーアル茶(普洱茶、Pu'ercha)は中華人民共和国雲南省南部及び南西部を原産地とする中国茶(黒茶)の一種。生茶と熟茶の2種類ある。
加熱によって酸化発酵を緩めた緑茶を、コウジカビで発酵させる「熟茶」と、経年により熟成させた「生茶」に大別される。但し、雲南省においては旧来の考え方が残りプーアル茶と言えば「生茶」を好む向きもある。「熟茶」と「生茶」で比較するならば、いわゆる大手の飲料メーカーが買いつけるのは基本的に色のよく出る「熟茶」であり、そのため「熟茶」を輸出用と考える人もいるが、香港・台湾では「生茶」の需要も多く、日本でもプーアル茶の知名度の広がりによって両者を選んで買う消費者も増えてきている。
尚、生茶の場合、加熱時に完全に酵素が失活していないため、その後天日乾燥をする際にさらなる酵素発酵が起こると考えられている[要出典]。残存する酵素発酵を前提としているため、乾燥は必ず天日で行われる。ここで機械乾燥を行った場合、酵素が完全に失活するため、普洱茶ではなく緑茶になってしまう[要出典]。
後発酵の方法によって、以下の2つに分けることができる。
生茶
緑茶を残存する酵素で発酵させた茶葉[1]。生産されてまだ日が浅い茶葉は、極めて緑茶に近い。しかし、年代を経るほどに、白茶様、烏龍茶様、紅茶様の香りとなり、最終的にはプーアル熟茶に近い香りと味わいになる。数十年を超えるようなビンテージ品は、希少価値の高さもあり、高価で取引される。日本で上質な生茶を入手するのは、極めて難しいものの、プーアル茶の知名度が向上してきたこともあり、取り扱う業者が増えつつある。
熟茶
プーアル生茶を多湿状態に置くことで、カビによる発酵をさせて作られる。年代を経た茶葉の風味を短時間で量産できる方法として、1973年頃[2]から作られるようになった。生茶に比べて色が濃く、暗褐色を呈す。一般的によく知られているプーアル茶は熟茶である。
現在は、インターネットによる国際間の販売方法と、日本での販路の拡大によって、「生茶」と「熟茶」の両方の生産方法による製品が容易に手に入るようになった。
Pu-erh tea.jpg
経年熟成により香りが変化するのは生茶であり、それに対して熟茶は経年による香りの変化はあまりない[要出典]。熟茶の品質は使用する茶葉と発酵技術の優劣で決まる[要出典]。カビによる発酵時に有機酸が産出され、pHが酸性に偏るため、それによりお茶の味に変化が生じる[要出典]。生茶の場合、熟成の進み具合により、味わいも香りも変化していくが、その変化は茶葉の置かれた環境により大きく左右される[要出典]。尚、貯蔵における変化は、有機物の酸化熟成による香りの変化と、タンニンなどのポリフェノール類の酸化分解による舌触りの変化にとどまり、品質そのものは元々の茶葉に含まれるミネラルに依存するため、貯蔵期間とは全く関係がない[要出典]。
普洱茶を特徴付ける点は、多くの茶が老木から作られている点であり、ミネラル濃度が極めて高い。普洱茶を飲むと血圧が下がり、血液循環が良くなることが知られており、この効果は品質に比例する。この為、プーアル茶を常飲した場合、血液循環の改善から快眠、お通じの改善、花粉症などのアレルギー体質の改善が見られる。
熟茶には脂肪分解作用があると考えられている。 また、15年以上熟成させた茶葉を薬茶とされ、価格も更に高くなる上薬効効果が認められている。
唐代には南詔の銀生城(現・普洱市)付近の山地で採れる茶として中国にも知られていた。中国が雲南を領有した明代には普洱茶として広く知られるようになり、清代には雲南からの進貢品に指定され、朝廷でも愛飲された。愛新覚羅溥儀も愛好したという。
しかし、文化大革命(1966-1977年)によってその手間のかかる製造方法が毛沢東思想にそぐわないと否定され、一時は中国本土での生産が断絶するほどであった。このとき、多くの普洱茶が香港、台湾に持ち出されており、現在もビンテージものと呼ばれるプーアル茶の多くは台湾に存在している。現在では中国でも生産が再開されており、東南アジア、欧米、日本などにも輸出されている。
近年、普洱茶の生産が中国国営企業の手を離れて、極めて高品質な茶葉が個人単位でも生産されるようになった。そうした普洱茶を、将来の熟成を見越し、投資目的に購入する愛好家も少なくない。また、生産者が、新茶のうちに飲んで欲しいとするものもあるが、これは、茶葉の栽培技術や生産技術が従来のものと違うため、熟成が進むとどのような味わいになるのかが未知数であるためでもあり、そうした茶葉が、年数を重ねて熟成したときどのようになるか、その結果が出るまで、まだまだ長い時間を要する。
また、普洱茶の愛飲者が増加してきたこと、特に近年、大韓民国での消費量が格段に増えたこともあり、値上がりする傾向にある。
2006年頃より投機対象として高値で取引されることの多かった高級普洱茶市場がバブルの様相を呈したが、2008年に入って暴落し、多くの投資家達が撤退した[3]。価格は全盛期の1/10から半分に落ち着き、2005年の水準に戻った。
2012年、「プーアルの伝統的茶農業」として雲南省の産地が国連食糧農業機関の世界重要農業遺産システムに登録された。




wikipediaより引用

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

デキる男の紫外線対策 [良いもの情報]







紫外線
光のスペクトルで紫よりも外側になるのでこの名がある。英語の ultraviolet も「紫を超えた」という語から来ている(ラテン語の ultra は、英語の beyond に相当)。日本語では、紫外線と呼ぶのが一般的であるが、violet をスミレ色とも訳すことから、文学作品などでは[要出典]、菫外線(きんがいせん)と呼ばれることもある。菫外線の表記は紫外線より少ないものの1960年代以前は学術用語としての用例[1]があるが、1960年代以後の用例[2]は極めて希である[3]。また、英語の ultraviolet からUVと略される。
赤外線が熱的な作用を及ぼすことが多いのに対し、紫外線は化学的な作用が著しい。このことから化学線とも呼ばれる。紫外線の有用な作用として殺菌消毒、ビタミンDの合成、生体に対しての血行や新陳代謝の促進、あるいは皮膚抵抗力の昂進(こうしん)などがある。
波長による分類法として、波長 380–200 nm の近紫外線(near UV)、波長 200–10 nm の遠紫外線もしくは真空紫外線(far UV (FUV) もしくは vacuum UV (VUV))、波長 121–10 nmの極紫外線もしくは極端紫外線(extreme UV,EUV or XUV)に分けられる。また、人間の健康や環境への影響の観点から、近紫外線をさらに UVA (400–315 nm)、UVB(315〜280nm)、UVC (280 nm 未満) に分けることもある。フォトリソグラフィやレーザー技術において、遠紫外線(deep UV(DUV))は前記のFUVと異なり波長 300 nm 以下の紫外線を示す。
太陽光の中には、UVA、UVB、UVCの波長の紫外線が含まれているが、そのうちUVA、UVBはオゾン層を通過、地表に到達する。UVCは、物質による吸収が著しく、通常は大気を通過することができない。地表に到達する紫外線の99%がUVAである。(UVCは、オゾン層の反応で生成されるものもある)
物質の屈折率は入射した光の波長に依存する。光学部品(光学窓やレンズなど)の素材としてよく用いられるガラスは、紫外線の波長域では吸光係数が著しく増大し、透過率が急激に減少する。このため、ガラスを使った光学部品で紫外線光を取り扱う事は困難である。そのため特殊な材料を使用した専用の光学部品が使用される(例えば、石英ガラス[波長 200 nm 以上で使用可]やフッ化カルシウム、フッ化マグネシウム[150 nm 以上で使用可])。




wikipediaより引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

2種類の粒でツルツル美肌へ [良いもの情報]







ホホバ(学名:Simmondsia chinensis)はナデシコ目に属する常緑低木。
「中国産」という種小名が付いているが、アメリカ合衆国南西部からメキシコ北部が原産。ホホバ(jojoba)と言う名前は、スペイン語である。
かつては、ツゲ科やトウダイグサ科に分類されていたこともあったが、1990年代にこの一種だけが属するホホバ科(シモンジア科)が作られた。属名は1805年に死去した英国の植物学者シモンズに因んだもの。




wikipediaより引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ベラジョンカジノ [カジノ]






カジノ(casino)は、賭博を行う施設の一つ。ルーレットやブラックジャックなどのゲームで金銭を賭ける場所。日本で言う賭場[注 1]。
語源は家を指すイタリア語の「casa」[1]に縮小の語尾「-ino」が付いたものである。言語により「カジノ」あるいは「カシノ」と発音される。語源のイタリア語では基本「カジノ」、フランス語、ポルトガル語なども「カジノ」。スペイン語や英語では通常「カシノ」と発音される。ドイツ語のように地域によってsの発音が異なる場合など、どちらもあるいはその中間もありえる。(同一表記を採用していても表記された文字と発音の関係が言語によって異なるためで、表記優先の例。日本語「カジノ」は音を表記。)電通は「カジノ」という言葉に染み付いたイメージを変えるため、カジノを含む統合型リゾートについて「カッシーノ」という用語を用いることを提唱した[2]。




wikipediaより引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

6種の泥のチカラで潤いたまご肌 [良いもの情報]







アルガン油(アルガンゆ、Argane oil)とは、アルガンノキの種子から得られる植物油である。 アルガンオイルとも呼ばれ、古くからモロッコで利用されてきた。
アルガン油は、モロッコのベルベル人の間では、クスクスなどに用いる食用油、またスキンケアなどに用いる薬用、化粧用の油として利用されてきた。20世紀後半、ビタミンEの含有量や不飽和脂肪酸量が評価され、化粧品用の基油または油を直接利用されるようになった。




wikipediaより引用
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

オンライン取引 [良いもの情報]





外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来している。海外ではForex (Foreign exchange) と呼ばれることが多い。また、日本では、投資商品としては、外国為替証拠金取引と差金決済取引 (CFD) は区分されているが、実際は、外国為替証拠金取引は差金決済取引 (CFD) の一種でもある。
日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品取引員、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者もある。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。市場の動向を24時間常に監視しておく必要がある。これに対しては人工知能 (AI) に基づき市場動向により相場の変化に際して売り買いする機能を持った個人向けアプリケーションソフトが開発されており、それらの援用により個人投資家でも場合によっては高い収益を上げることが可能になっているが、最終的な責任は個人



wikipediaより引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

抜け目ない男へ [良いもの情報]






フコイダン(英語名:fucoidan)は、硫酸化多糖の一種。コンブやワカメ(一部位であるメカブを含む)、 モズクなど褐藻類の粘質物に多く含まれる食物繊維である。なお、類似の物質はナマコなどの動物からも見つかっている。
主に L-フコース(多糖体)が α1-2、α1-4結合で数十から数十万個も繋がった化合物で、平均分子量は約200,000。グルクロン酸を含む U-フコイダン、硫酸化フコースだけからなる F-フコイダン、ガラクトースを含む G-フコイダンなどに分類される。
L-フコースは、キノコ類(アガリクスなど)や他の多糖体(糖鎖)成分と違い、フコースに硫酸基が結合している。
褐藻類(モズク、メカブ、コンブ、アカモク、ウミトラノオ等ホンダワラ類等)に多く含まれ、わかりやすい表現手段として海藻のネバネバ成分と表現されることが多い。アカモクに関する研究などから、生殖器に多いとの報告もある。
「フコダイン」と誤称されることもある。


wikipediaより引用

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

お肌をしっかりケアしたい方へ [良いもの情報]







ビタミンE(vitamin E)は、脂溶性ビタミンの1種である。1922年にアメリカ合衆国、ハーバート・エバンス(Herbert M. Evans)とキャサリン・ビショップ(Katharine S. Bishop)によって発見された。トコフェロール(tocopherol)とも呼ばれ、特に D-α-トコフェロールは自然界に広く普遍的に存在し、植物、藻類、藍藻などの光合成生物により合成される。医薬品、食品、飼料などに疾病の治療、栄養の補給、食品添加物の酸化防止剤として広く利用されている。
ビタミンEの構造中の環状部分は、慣用名でクロマンと呼ばれる構造である。このクロマンに付くメチル基の位置や有無によって、8つの異なる型があり、それぞれの生物学的機能をもつ。ヒトではD-α-トコフェロールがもっとも強い活性をもち、主に抗酸化物質として働くと考えられている。抗酸化物質としての役割は、代謝によって生じるフリーラジカルから細胞を守ることである。フリーラジカルはDNAやタンパク質を攻撃することでガンの原因ともなりうるし、また、脂質過酸化反応により脂質を連鎖的に酸化させる[1][要高次出典]。
ビタミンEは、フリーラジカルを消失させることにより自らがビタミンEラジカルとなり、フリーラジカルによる脂質の連鎖的酸化を阻止する。発生したビタミンEラジカルは、ビタミンCなどの抗酸化物質によりビタミンEに再生される[2]。
放射線の照射により赤血球の溶血反応が発生するが、これは放射線による活性酸素の生成により脂質過酸化反応による膜の破壊によるものである。ビタミンEの投与により、放射線による赤血球の溶血や細胞小器官であるミトコンドリア、ミクロゾーム、リボゾームの脂質過酸化反応が顕著に抑制された。SODも同様の効果を示した[3]。



wikipediaより引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

冬虫夏草エキスを濃縮した健康食品 [良いもの情報]







冬虫夏草(とうちゅうかそう、ふゆむしなつくさ)は、蛾(ガ)の仲間の幼虫に寄生するキノコの一種。中医学・漢方の生薬や、薬膳料理・中華料理などの素材として用いられる、いわゆる冬虫夏草は、チベット等に生息するオオコウモリガの幼虫に寄生して発生するオフィオコルディセプス・シネンシスを指す。
別名を「中華虫草」ともいう。「冬虫夏草」の名称は、チベットで古くに、この菌が冬は虫の姿で過ごし、夏になると草になると考えたことから名付けられた。チベット文字での呼称「དབྱར་རྩྭ་དགུན་འབུ」を漢語に直訳したものが「冬虫夏草」である。




wikipediaより引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -
-|2017年07月 |2017年08月 ブログトップ