So-net無料ブログ作成

働くママ・パパからの味評価No1獲得!安心の手作り惣菜







惣菜(そうざい、そうさい)は、日本料理において飯とともに食べる料理のこと。副食、おかず(菜)、総菜ともいう。
日本料理の献立、メニュー (料理)の1つとして、一汁一菜や一汁三菜がある。 この菜が惣菜の菜であり、飯、汁物とともに飲食する料理。[1] 類似のものに酒とともに飲食する肴がある。
日本では、米飯を中心とする主食を副食と区別して考える伝統があり、主食と副食の概念がない地域では料理に相当するであろう。馳走(美食)より日常的な料理を指す。
惣菜は、その多くで家庭料理(おふくろの味)とされる料理群で、その各々が独立したものとして扱われ、食卓に於いては個別の食器に盛り付けられる。特に主食と共に摂るものではあるが、主食単品では味気ないところに彩りを添えると共に、栄養学的な側面から見れば主食だけでは得られない栄養を補助する働きもある。古くから、一汁三菜や一汁一菜という言葉があるが、バランスの取れた食事が重要である。
これらでは様々なレシピが存在しており、また出来合いの料理としても販売されており、食事を飽きさせないよう様々なものが取り入れられ、日常的に食べられている。




wikipediaより引用
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

世界累計販売数600万枚突破の大人気フライパン







フライパン(frying pan)は、主に焼く・炒めるなどの調理法で用いる調理器具であり、鍋(クッキングパン)の一種。ソテーパン、もしくはスキレット(skillet)と呼ばれる事もある。多種多様な利用が可能な万能鍋として用いられる事が多い。元来の英語としての"fry"はフランス語のソテーや若しくは中国語の爆(バオ)とほぼ同一の意味である。
鍋の中では、比較して浅く径が大きい事が特徴。胴部が外側に傾斜している物が多い[1]。浅い為に、容積が少なく、一般的には焼く、炒めるなどの用途に使われ、食用油を入れて揚げる事や、水を入れたり蓋をする事によって蒸す調理にも使用される。一般的には蓋が付属していないことがあるものの、蓋をして調理することもある。
鉄のフライパンは、使用時に金属臭(金気)が出るのを防ぐため使い初める際に油焼きの処理が行われる事がある[1]。
素材など種類も多く、鉄、ステンレス、アルミニウム、琺瑯びきなどがあり[1]、鉄板を加工したり、鋳造・鋳物などの製法と、テフロン加工のような表面加工も行われる。
柄は、金属や木が使用される。本体にネジ止めしたものがあるが、厚い鉄板をV字型に加工した上でリベットや溶接で固定する事もあり、またパイプ状の物を使用する事もある。柄の内部が空洞になっている場合、柄の根元に水や空気を抜くための小さな穴が開いている[2]。
メソポタミア文明の遺跡から銅製のフライパンが出土している。




wikipediaより引用
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

投資信託でお金を大きく育てよう







投資信託(とうししんたく)は、多数の投資家から販売会社を通じて出資・拠出されてプールされた資金を、運用会社に属する資産運用の専門家(ファンドマネージャー、ポートフォリオマネージャー)が、株式や債券、金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう指図し、運用成果を投資家に分配する金融商品[1]。運用による利益・損失は投資家に帰属する。投資信託は流動性のある一項有価証券である[2]。戦前から独占手段として利用されている。
広義の(投資)ファンド
組合型ファンド(投資事業組合):任意組合、リミテッド・パートナーシップなど
本項の説明する投資信託
会社型投資信託:投資法人、インベストメント・トラスト、REITなど
契約型投資信託:投信法上の投資信託[3]、ユニット・トラストなど




wikipediaより引用
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー